日本学術会議 情報学委員会
環境知能分科会シンポジウム

生存情報学

人類が生き延びるために
進化する情報学のあるべき姿とは?

申し込みサイト

日時:2021年7月19日(月)14:30 ~ 17:00
場所:オンライン
主催:日本学術会議 情報学委員会 環境知能分科会
後援:公益社団法人日本工学アカデミー(予定)
   一般社団法人情報処理学会(予定) 他現在調整中
開催趣旨:
この1年、コロナ禍で社会・経済活動を制限され、生活様式や生き方そのものを見直さざるをえなくなりました。それと同時に毎日のように感染者数や重傷者の推移などの情報に関心を持たざるを得ないことにも気づかされました。情報学はこうした情報の生成・探索・表現・蓄積・管理などの道具を提供してきた学術分野ですが、環境知能分科会では、以前から自然・社会環境の変化や新たな社会問題に対して、生存に関する様々な心理的・精神的不安を解消し、新しい生活様式に適応し、経済活動を発展するるための生存情報学の必要性に着目して、検討してきました。そこで、2019年11月の公開シンポジウムに引き続き、ダイバシティ(多様性)&インクルージョン(包摂性)を考慮して、生存情報学による新たな価値を生み出すために、心理学、哲学、医学、情報学の分野から講演者をお招きし、総合知の視点から生存情報学のあるべき姿と今後やるべき課題について議論します。
プログラム:
開会挨拶:萩田紀博
(日本学術会議第三部会員、大阪芸術大学アートサイエンス学科長、教授)
講演1:「心理学・脳科学からみたナッジ、これからの研究テーマ(仮題)」
                 川合 伸幸(日本学術会議連携会員、名古屋大学教授)
講演2:「哲学に情報学は役立つか(仮題)」
                 小山 虎(山口大学講師)
講演3:「人間がロボットになることを阻むもの」
                 石黒 浩(大阪大学栄誉教授)
講演4:「未来社会創造-パンデミックを超えて-(仮題)」
                 濱口 道成(国立研究開発法人科学技術振興機構理事長)
総合討論
(司会)土井 美和子(日本学術会議連携会員、国立研究開発法人情報通信研究機構監事、東北大学理事、奈良先端科学技術大学院大学理事)
(コメンテーター)
  川合 伸幸(日本学術会議連携会員、名古屋大学教授)
  小山 虎(山口大学講師)
  石黒 浩(大阪大学栄誉教授)
  濱口 道成(国立研究開発法人科学技術振興機構理事長)
  橋本 隆子(日本学術会議連携会員、千葉商科大学副学長、教授)
  灘本 明代(日本学術会議連携会員、甲南大学教授)
閉会あいさつ
  土井 美和子

下記のサイトから参加をお申し込みください
申し込みサイト

問い合わせ先
灘本 明代 nadamoto[アット]konan-u.ac.jp
日本学術会議連携会員、甲南大学